■MMO関連リンク
■アイコン付きツリー化カテゴリー

■最近の記事
■プロフィール

だめおん

Author:だめおん

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■げん玉


いつも↑をみて「音速丸」が連想される

■ポイントリンク

比較して貯めるポイントポータル PointLink【ポイントリンク】
1000ptでWebMoney500円分

■カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■広告

■月別アーカイブ
■コレピク

■リンク
■書籍


■クレジット

© 2006 CyberStep, Inc. All Rights Reserved.

(C)2005KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005 JOYMAX ALL RIGHT RESERVED
(C)2005 GAMEON CO,.Ltd.

Copyright © 2006 ZEMI INTERACTIVE INC. All rights reserved. © 2006 ZERO ONLINE Co., Ltd.

© 2006 High Five Entertainment Inc. All Rights reserved. © 2006 Aragon Networks co.,ltd. All Rights Reserved.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オーストラリア失格の可能性が
●オーストラリア失格も…発覚!サッカー賭博
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/2006worldcup/news/20060619-OHT1T00028.htm


オーストラリア失格も…発覚!サッカー賭博 オーストラリア代表の選手間で国際サッカー連盟(FIFA)が禁じるサッカー賭博(とばく)行為が行われていたことが発覚。最悪の場合、今大会で失格する可能性が浮上した。

18日付の英日曜紙ニュース・オブ・ザ・ワールドが「オーストラリアの賭けスキャンダル」の見出しで報道。
同国サッカー協会のホームページ上でFWビドゥカ主将(30)が「スパイダー(控えGKカラッチの愛称)がチーム内ギャンブルの胴元」と発言し、同代表選手の間で賭けが公然と行われていることを明言したという。

また同紙は、地元紙「ヘラルド・サン」の記事を引用し、日本戦(12日)でチーム初ゴールとなる同点弾など2点を決めたMFケーヒル(26)が、同僚のDFニール(28)と控えFWトンプソン(27)の2人がケーヒルのチーム初ゴールに賭けていたことを明かし「だから僕が初ゴールを決めた瞬間、あの2人に駆け寄ったんだ」と発言したと報じた。

FIFAの広報官は「これは選手が(大会前に)サインした誓約書に違反する行為。身内の賭けも処罰の対象になる」と発言。
「この問題に関しては厳重な調査に入る」と明言した。
--
えっと、どう扱えばいいのやら・・・
スポンサーサイト

テーマ:ワールドカップ - ジャンル:日記

今日の出来事 | 10:15:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。