■MMO関連リンク
■アイコン付きツリー化カテゴリー

■最近の記事
■プロフィール

だめおん

Author:だめおん

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■げん玉


いつも↑をみて「音速丸」が連想される

■ポイントリンク

比較して貯めるポイントポータル PointLink【ポイントリンク】
1000ptでWebMoney500円分

■カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■広告

■月別アーカイブ
■コレピク

■リンク
■書籍


■クレジット

© 2006 CyberStep, Inc. All Rights Reserved.

(C)2005KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005 JOYMAX ALL RIGHT RESERVED
(C)2005 GAMEON CO,.Ltd.

Copyright © 2006 ZEMI INTERACTIVE INC. All rights reserved. © 2006 ZERO ONLINE Co., Ltd.

© 2006 High Five Entertainment Inc. All Rights reserved. © 2006 Aragon Networks co.,ltd. All Rights Reserved.

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
結構長いのな @ 20061115 23:00 フジテレビ放送事故
●20061115 23:00 フジテレビ放送事故
http://www.youtube.com/watch?v=FwWzfXogZeo

続きを読む を選択するとプレイヤー画面になります

続きを読む >>
スポンサーサイト
大航海時代オンライン | 21:58:15 | Trackback(0) | Comments(0)
復活はしないけど、ソコトラ島のウンチク
●西インド洋、紅海の入り口にソコトラ島という島があります。

この島、ゲームの表示上サイズがめちゃくちゃ大きくて、前回農業で丁字の名産地であるザンジバル島や、7つの島で構成されているアゾレス諸島よりも大きいです。 最高峰2,351mもあるピコ島にあるピコ山はどこあるのかすら分かりません。

ちなみにこのピコ山、ポルトガルの最高峰でございます。

●島の面積について、日本語での資料がないので事実だけ書くと、
ソコトラは南北に40km、東西に100kmの島です。
ザンジバル島は南北に350km、東西に200kmの島です。
大体、サイズが東京ドーム○個分では表せないレベルの広さの違いが存在します。

●このソコトラ島、1503年頃にポルトガルが占領してから、1698年にオマーン領になるまでの間が、大航海時代オンラインに使われていると思われます。

というのも、ここら辺資料がないのですが、上記の年代はザンジバル島がポルトガルの支配とオマーン領土になった年代なので、

本当はポルトガル占領はもっと後、オマーンに近いオマーン領土はもっと前だったと推測されます。

●このソコトラ島、日本語の資料はwikiみても載ってないのですが、
有名なのが修道院があるということ。
つまり、キリスト教系で調べると、この島の歴史が分かります。

●ということでそっち系から調べると、この島はガマの寄港地として有名でしたが、
実際は東地中海のギリシャ人がよく利用していたようです。

●で、ここでピンと来る方もいらっしゃるかもしれませんが、
ここはキリスト教の修道院があって、近くには十字軍が奪回するエルサレムが・・・

つまり、宗教上の対立が非常に大きかったので、
この時代、ヨーロッパ人でキリスト教徒なんか、まず寄航できなかったそうです。

この時代というのは、無論、十字軍が暴れまわった時代から後ですね。

●日本の資料は大抵ヨーロッパ側から書かれていますが、
このソコトラ島は修道院があるとはいえ、周りが周りなので、反対側の視点から書かれています。

●基本的に修道院というのは、人が居ないところ、
日本では不毛の土地なんか存在しないので、広くて平地だと人が住んでいるイメージがありますが、

ソコトラ島は断崖絶壁が90%を越える海岸線と、
わずかにある砂浜からはジャングルが聳え立つ島。

そこは塩害により、麦ですら育たない、不毛の土地

●wikiに衛星写真があって、川がながれていますが、
あの川は海に注ぐところで、日本だと中州なんかできていたりするのですが、
このソコトラ島、断崖絶壁から滝となって海に注いでいます。

つまり、海から上陸して川の水が手に入らないという地形

●修道院はジャングルの奥にあり、坊主として修行するための最適の土地として建設されたそーです。

つまり、まず水を確保するところから始まる、まさに毎日がサバイバル状態

幸い、大型肉食獣はいませんが、マラリアが蔓延っていた時代なので、
ジャングルというだけで危険なところとなっています。

●実際、オマーンの記録では、ソコトラの領有はてきとーに主張していたそうです。

なぜなら、領民はいないし、作物はできないし、たまに航海者が補給にやってくるだけの不毛の島

誰が支配者になっても、そこに行くこともなく・・・

●オマーン帝国時代から、街ができはじめました。
理由は、軍事的な理由から、補給基地が必要となったからです

が、上に書いたとおり、大航海時代が終わった後のこととなっています。

オマーン帝国の記録はあっちの言葉で分からないのですが、
調べた範囲では、何も無いのです。 つまり、キリスト教修道院ができる前にはどうだったのかということが。

●オマーン帝国の記録では、支配地域に入っていても、税収も人口も領民もなーんにんもない土地
ということしかないです。

このオマーン帝国時代は、修道院は一時的に封鎖されています。

●調べた範囲では、このソコトラ島は補給地としては、ギリシャやアラビア半島の資料にはでてきますが、

実際に支配地域としての記録は、存在しません。

ポルトガルの支配 というレベルにおいても、「謎」しか存在しないというレベルです。

●再度ソコトラを調べましたが、やっぱりソコトラ島がオマーン領土になる以前、
修道院があったこと以外、人口が存在した記録は、どの国にも書かれていません・・・

●でも大航海時代なら、ファロより大きな街(ry

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

大航海時代オンライン | 20:28:41 | Trackback(0) | Comments(0)
丁字とセイロンティーのウンチク までいかないかもしれない
●ザンジバルという国がございます。
今は独立国ですが、大航海時代は、オマーン領土で、インド洋のかなりのエリアを支配していた大海洋国家でした。

オマーンの跡継ぎ争いで、ザンジバルとアフリカ東岸の領土であったモガディシオは切り離されて、混迷の時代へと進むのでありました。

●さて、大航海時代オンラインで、禁句の1つが奴隷
奴隷貿易の代わりにアフリカで出てくる宝石で利益をあらわしている
というのは、有名な話だと思います。

で、このザンジバルもまた、奴隷貿易の中継点として有名でした。
オマーン帝国時代、立派な港湾施設が建設されていて、船の寄航には最適だったのと、
なによりアフリカ本土とは海で離れているので、奴隷をかっさらってきた土地からの追撃がありません。

●で、丁字とこの話がどう関係しているかというと、
18世紀から19世紀にかけて、奴隷制度が廃止される国がでてきました。
アフリカの植民地からの問題がでかくて、労働力確保どころじゃなくなってきたからです。
採掘技術でアフリカ大陸の下には、金鉱山等、金になるものが埋まっているのがわかった、というのもありますね。

で、奴隷貿易の中継地点として栄えたザンジバル、奴隷が流通しなくなると、何も価値がありません。
しかも、奴隷も人間ですから、増えます。

で、仕方が無いので、あまった奴隷の労働力を使って、ザンジバルでも農業を始めます。

ザンジバル近辺で取れて、お金になるような作物なんかあったら、奴隷貿易なんかでハッテンしません。

そこで目をつけたのが、コショウ ではなくて丁字。

丁字の原産は香料諸島、ザンジバルと同じような気候でうまくいくだろう、
と思っていたかどうかはわかりませんが、かなりの苦労があったようです。

●コショウも栽培したかどうかはわかりませんが、コショウの場合、乾燥させて粉にしないと価値が出ないので、
熱帯のザンジバルは、当時の技術ではちょっと無理だったと思われます。

●ザンジバルが丁字の生産に成功してからは、丁字はあっという間に価格が下落し、
香料諸島での不安定な収穫より、農場で安定した収穫のあるザンジバルでの収穫高が多くなり、生産量が世界で一番となりました。

●この頃から、世界中の丁字は、ザンジバルの安定した供給により、「香料」から「香辛料」というカテゴリーに変更されています。

●イギリス発祥の「カレー粉」に丁字ことCloveが使われているのは、そういう理由なのです。

●逆に言えば、ザンジバルでの栽培成功が無ければ、香辛料として使われなかったわけで、
奴隷貿易と丁字は、結構密接に絡んでいます。

奴隷貿易が盛んな頃は、丁字は高価な「香料」交易品でした。
奴隷貿易が終わる頃に、丁字は安価な「香辛料」交易品となりました。

大航海時代オンラインは、丁子を「香辛料」としている時点で、
奴隷貿易終了後の世界をイメージさせているのです。

●ついでに書いておくと、
紅茶といえばセイロンティーが有名です。
この紅茶は、日本茶と同じ木の葉を使って、処理が違うだけで味わいの異なるお茶になります。

しかしながら、大航海時代、このセイロンティーというのは、全然有名じゃありませんでした。

●なぜなら、セイロン島にはお茶の木が生えていないのです。
お茶の畑すらありませんでした。

●19世紀までは、セイロン島といえばコーヒーが有名だったのですが、虫害によりコーヒーの木が全滅、
以後に紅茶の木が植えられて、セイロンティーとなったのです。

19世紀ですぜ! 19世紀!!!

虫害が発生した時期はわかりませんが、紅茶を出荷できるようになったのが1870年代です。
ロンドン都市物語(小林章夫著/河出書房新社)より

まあ、セイロンティのイベントが大航海時代オンラインで行われることは、まず無いでしょうけどね。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

大航海時代オンライン | 21:18:46 | Trackback(0) | Comments(0)
ふと、思ったのですが
●今のバージョンにはないのですが、
昔OPには、鼻歌が入っていました。
あれ、誰の鼻歌だったのか、すごーく知りたい。

という欲求はおいといて、
あの鼻歌を
着うた
で電車車内に響かせると、反応が面白そうだなーと


思っただけです。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

大航海時代オンライン | 17:25:45 | Trackback(0) | Comments(0)
眠れなーい日に
●また丁字について

続きを読む >>

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

大航海時代オンライン | 05:00:04 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。